手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

ズボラですが、洗濯が少し好きになりました

ご無沙汰しております💦

洗濯乾燥機を買い替えてから約1か月。
我が家の洗濯スタイルが決まってきました。
とはいえ、かなり手抜きでズボラなのできちんとした生活をされている方には引かれてしまうかも💦

www.lazysen.com

洗濯機周りの環境

"洗濯機とランドリーワゴン"
まず、洗濯機回りですが、本体幅が少し短くなりサイドに余裕ができたためランドリーワゴンが置けるようになりました。
TOWERのラインドリーワゴンです。約12000円とちょっと高くて買うのを躊躇したのですが、30cmの隙間に入れられる、かつ見栄えの良いワゴンがほかに見つけられずこちらに決めました。

若干取りにくいのが難点ですが、今までよりはだいぶすっきり収まったのでおおむね満足です。
また、洗濯機のすぐ上にセリアの「掛けられるごみ箱」をセット。これは洗面回りのゴミ捨てように設置したものですが、フィルター掃除で出た埃を捨てるのにちょうど良く重宝しています。

もう少し幅に余裕があったらこちらのがお値段も安いし、手前に傾いているので使いやすそうでよかったのですが無理でした。

洗濯ルーチン

洗濯ルーチンもほぼ決まってきました。
洗濯する時間帯は『夜』です。
家族全員がお風呂に入り終わってからまず「自然乾燥させる洗濯物」を洗濯します。
だいたい30分前後で終わります。買い換え前は量にもよりますが1時間近くかかっていたので、かなり時短です。
洗濯が終わったら、部屋干しします。私と子の洗濯物は私の部屋に、夫の洗濯物は夫の部屋にそれぞれ干します。量的には10着もないので、5分もあれば干し終わります。

次に乾燥機にかけられるものを洗濯~乾燥までお任せして就寝。朝、乾いた洗濯ものを余裕があればたたみ、余裕がなければ洗濯かごにとりあえず入れておきます。
乾燥にかける洗濯物は、タオル、下着、部屋着など、縮みにくいもの、縮んでも気にならないもの。
あと、縮む恐れがない伸縮性のないブラウスやYシャツなんかも乾燥させてしまいます。

夜洗濯する理由

朝バタバタしたくないというのも大きな理由ですが、一番の理由は「電気代」です。
我が家はオール電化で電化上手というプランで契約しています。
電化上手は

  • 昼間時間(10~17時) 夏季38.72円 その他31.73円
  • 朝晩(7~10時、17~23時) 26.01円
  • 夜間(23~翌7時) 12.25円

と、夜間の料金と昼間で夏季は約3倍もの料金差があります。
朝晩と比較しても2倍以上の差。
そんなわけで、できるだけ夜間に済ませたいというわけです。
買い換え前は、音がものすごくうるさかったので夜中に乾燥機をかけることは難しかったのですが、新しい洗濯乾燥機は(パナソニックNA-VX9900)は乾燥中とても静かなので、全然気になりません。
一番うるさいと感じるのは脱水ですが、短時間だし、脱衣所のドアを閉めておけばそこまで気になりません。

乾燥フィルターの掃除

パナソニックのNA-VX9900の乾燥フィルターの掃除のしやすさはピカイチです!(もう一つ下の機種、NA-VX8900も同じ)
いわゆるドラム式乾燥機のデメリットである「乾燥フィルターの掃除の面倒くささ」はほぼ解消されていると言っていいでしょう。洗濯物を取り出す作業に組み込んでしまえば、全然苦になりません。
上にも書きましたがゴミ箱がすぐ近くにあるので、動作ゼロで埃を捨てられるようにしてあるのも、功を奏しています。
歩くどころか、しゃがみもしません。腕を伸ばせば捨てられます。本当に楽!

"洗濯機そばのかけられるごみ箱"

ゴミ箱を近くに置くのは超お勧めです!これがないと、わざわざゴミ袋を用意したり、別の場所に捨てに行かなければいけなかったりするので、少し難易度が上がります。
本来は乾燥の度に必要なフィルターのお手入れ、もしこのゴミ箱がなければ「1回ぐらいいいかな?」なんて筋金入りのズボリストな私はさぼってしまっていたと思います。
作業しやすいシステムづくりって本当に大切です。
もし、フィルターのお手入れが面倒と感じているならば、ゴミ箱の位置を見直すといいかもしれません。

排水フィルター(糸くずフィルター)のお手入れ

もうひとつ、週に1回程度必要になるのが「排水フィルター」の掃除です。
こちら、先代の日立ビッグドラムのときは、ものすごくたくさんのゴミがあっという間にたまっていたのですが、新しい洗濯機(パナソニック NA-VX9900)は全くと言っていいほど、ゴミが溜まりません。
掃除しやすいくし型構造なのですが、多少のゴミはスルーして排水口に流してしまっているのでしょうか?ちょっと心配になるレベルです。ただ、全くお手入れをしないとぬるついてくるようなので、たまに水で流したりしていますが、大丈夫なのかな?排水パイプが詰まったりなんてことがそのうち起こってしまうのではないかとちょっと心配です。

洗濯槽内は常に乾燥させておく

洗濯ルーチンでも触れましたが、基本洗濯の最後を「乾燥」で終わらせるようにしています。
理由は「カビ防止」です。
カビの主な原因は湿気と洗剤の溶け残りなどの汚れです。
洗剤は液体洗剤を使用の上、「自動投入機能」を使ってちょうど良い量を入れているので、溶け残りの心配はほとんどありません。
湿度も乾燥機能を最後に使うことによって、防げているのではないかな?と思っています。
また、洗濯前の洗濯物も湿っているので洗濯直前までは中に入れないようにしています。
湿ったタオルなどは雑菌の温床で、臭いの原因にもなるためなるべくほかの洗濯物に触れないよう、洗濯カゴのふちにかけて乾かすようにしています。
一度カビをはやしてしまうと後が大変なので、できるだけ生やさないようズボリストなりに対策しています。

外に干さない

昨年までは、天気のいい休日などは外に干すこともありましたが今年に入ってからは1度も外に干していません。
外干ししない理由は・・・
冬は外に干してもなかなか乾かない。
春は花粉が付く。
共働きのため、突然の雨に対応できない。
夏は虫がつく。

というのもありますが、一番の理由は「面倒くさいから」。笑
冬は、リビングのエアコンの前にピンチハンガーを一つかけられるようになっているので、加湿器代わりにそこに干すことにしています。
加湿にもなるし、乾きも早いし一石二鳥です。
デメリットは見た目が悪いのと邪魔なこと・・・
春先もエアコンを使っている時期なら同様ですが、エアコンを使わない時期は2階のベランダに面した窓の近くに干しています。
雨については、ベランダに屋根があるのである程度は大丈夫なのですが、風が強かったりすれば濡れてしまうし、100%濡れないという保証はありません。

虫は、洗濯物につくこともありますが、洗濯物を取り込むときに一緒に部屋に入ってしまうことも結構あります。

タオルや下着、靴下、パジャマなどは乾燥機能を使って乾燥させてしまうので、自然乾燥する洗濯物の量はかなり少ないです。
朝、乾ききっていない洗濯物を10~30分ぐらい乾かすと部屋干し臭防止にさらに良いようなので、余裕があればやっていきたいと思っています。
こんな感じの運用をしていけば、無理に外干ししなくても問題なさそう。

まとめ

基本、家事はあまり好きではないズボリストなのですが、新しい洗濯機(パナソニック NA-VX9900)の使いやすさと、自分なりに使いやすく環境を整えたおかげで『洗濯』が苦ではなくなりました。
改めて、ドラム式洗濯乾燥機って家事嫌いの強い味方だと実感!
けして安くはないドラム式洗濯乾燥機、水道代節約といってもコスト面では縦型洗濯機にかないません。
でも、私の労働力や家事に対するストレスがお金に換算できるとしたら・・・確実に価格以上の価値があるといえるでしょう♪( ´艸`)