手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

LDのゴミ箱を空中化

先月ぐらいから、リビングにゴミ箱を置かずに買い物でもらった紙袋を、ダイニングの椅子の背もたれに引っ掛けて使っていました。
いわゆるゴミ箱の空中化です・・・が中途半端。
はたから見れば、ただのだらしない部屋ですよね。(^-^;

とはいえ、頻繁に来客があるわけでもないし、これでも良いかなとは思っていたのですが、やっぱりみっともないよね。
というわけで、もうすこし何とかならないかな?と考えてみました。

リビングダイニングのゴミ問題

リビングダイニングでゴミが出るのはほとんどがダイニングテーブル。
お菓子などの袋やティッシュ、あとは消しゴムのカスなど比較的軽量なものが多い。
・・・うちには高校3年生がいて、部屋も机もあるのですがいまだにリビング学習なのです。
ペットボトルや缶などは直接キッチンに片づけるようにしているため、今回は除外です。
以前は普通に床にゴミ箱を置いていました。
でも、置き場所がテーブルの後ろ側の、作り付けテーブルの横、テーブルからはいちいち移動しないと捨てられない場所、かつあらゆる導線からやや外れた場所にありました。
そのためずぼらファミリーな我が家のメンバーはゴミをテーブルに放置することが多々あり、散らかりの原因となっていました。
また、少し大きめのゴミ箱に何でもかんでも突っ込んでしまうメンバーもいるため、分別ってなに?状態に・・・
結局仕分けするのは私のため、ベリーベリーストレスとなっていたのです。
しかもきちんと押し込まないから、こぼれていること多々あり・・・そんなストレスを打破すべく、まずはゴミ箱を撤去しちゃいました。
(今は、玄関でいらないDMをすぐ捨てる用のゴミ箱として再利用されています)

そして、空中化の第一段階として椅子の背もたれに袋をかける(紙袋だったりレジ袋だったり)で多少は改善されたところでした。
ほとんど移動せずにゴミを捨てられるのは本当に楽です。

ゴミ箱空中化のメリット

ゴミ箱に限らず、床に置くものをなるべく少なくすることでいろいろなメリットがあります。

  • すっきりする

まずは言わずもがな、見た目がすっきりします。
当たり前の話ですね。

  • 安全

物を踏んで足を怪我したり、怪我するほどではないけど痛い思いをしたり・・・
あと、たまにやってしまうのが落ちている紙や袋を踏んでしまい、滑って転びそうになる。
実際転ぶことはあまりないのですが、転んだ拍子に頭を打ち付けるなんてことがいつか起こるかもしれません。

  • 何かこぼしても被害が少ない

万が一お茶などこぼした場合、床に濡らしたくないものが落ちていたらがっかりですよね。
防水機能の付いてないスマホとか絶対に濡らしたくない・・・
本とかも濡れてしまったらがっかりです。
でも物がなければ床を拭くだけで済みます。
そう考えると床に物はやっぱり置くべきではないですね。

  • 掃除がしやすい

床に物がなければ、掃除機やフローリングワイパーですぐに掃除に取り掛かれます。
ルンバだってすいすい動けます。

  • ペットを安心して遊ばせられる

うちはウサギがいるのですが、床に物が置いてあるとそれをすぐにかじってしまいます。
物がかじられるのも困るのですが、なによりウサギに変なものを食べさせるわけにいきません。
そんなわけで、かじられては困る、かじったら危ないものなどはなるべく床に置かないようにしています。
逆に、床に物を置いている家族がいる場合わざとウサギをケージから出して「早く片付けないとかじられるよ!」と脅しをかける手段もあります。笑
まあ、万が一本当にかじっては大変なので実際にはやりませんが、小さい子相手だったら効果はあるかもしれません。18歳の子は最近機嫌が悪いのでただ怒らせて終わりなきがします。(-_-;)


計画を立てる

付ける場所はすぐに決まりました。
ダイニングテーブルのお誕生日席に当たる部分。
あとはどうやって空中化するかです。

案1 フックでつける

紙袋の取っ手をフックに引っ掛ける。
一番簡単そうです。
でもプラプラしてすぐにはずれそう・・・

案2 マジックテープを使う

これはなかなかよさげではあります。
ただ、マジックテープを紙袋に貼るため、紙袋を取り替えたい場合にうまく剥がせるかどうか・・・
粘着力も弱りそうです。

案3 ステンレスプレートを貼って強力マグネットで留める

これもなかなか簡単そう。
付けはずしも簡単だし、紙袋をチェンジしても全く問題なし。
でも、マグネットを外すときにうっかり袋の中にINする可能性が・・・

案4 ステンレスプレートを貼ってマグネットクリップでとめる

マグネットクリップでとめる


これだ!!!これなら付けはずしも簡単だし、フックに引っ掛けるより紙袋もプラプラしづらく、安定しそう。
マジックテープより強度は劣るかもしれないけど、入れるごみは紙くずや消しゴムのカスぐらいだし落ちることもそうそうなさそうです。

100均で材料をそろえる

というわけで、さっそく材料をそろえました。

ステンレスプレート、マグネットクリップステンレスプレート、マグネットクリップ

まぐねとクリップは新たに購入しましたが、ステンレスプレートはもともと家にあったものを使うことにしました。


今回は、マグネットクリップと、ゴミ袋の横に小さい箒(消しゴムのカス用)を引っ掛けるフックも買ってきました。
一緒に置いておけば、テーブルを拭くタイミングで消しゴムのカスも捨てられます。
・・・本来なら、本人にやらせるべきなのでしょうが受験を盾になかなかいうことを聞いてくれません。(;´Д`)
甘々かーちゃんなのです。


セットしてみました

ゴミ袋をテーブルの脚にセットしたところ

丸井のショップバッグです。シンプルといえば聞こえがよいですが、家にあったものを適当に使っています。
あまり大きいと重たくなってしまうので、小さめのが良いですね。
紙袋には一応湿ったものを入れても大丈夫なように、レジ袋をセット。
・・・だったら最初からレジ袋だけでもいいのでは?と思いましたが、紙袋の方が見た目も多少すっきりだし、安定性があります。
もう少し見た目の良い袋を100均で買ってこようかな?と思いましたが、汚れたら簡単に取り換えられる紙袋のが手軽なのでやめておきました。

ミニ箒とウェットティッシュ

ミニ箒とウェットティッシュもセット。

ウェットティッシュケースにマグネットを仕込む

ウェットティッシュはこんな感じで、中に強力マグネットをテープで止めています。
1つだと弱かったため、2つ付けました。

角度を変えてゴミを捨てている

消しゴムのカスなど、細かいゴミもミニ箒で掃いて、ゴミ袋の角度を変えれば取り外すことなく捨てられます。
まあ、マグネットクリップなので外すのも簡単ですけどね。
あまり考えずにやった割には、使い勝手の良いシステムになりました。

見た目は?使い勝手は?

椅子の背もたれにレジ袋をひっかけるよりははるかに良いです。
また、テーブルに着席していれば袋は全く見えません。
LDKの入り口側からも見えないし、思っていた以上にすっきりです。

使い勝手もいいようで、夫が自主的にごみを捨てているところを目撃しました。
どうやら、ゴミ捨てのハードルがかなり下がったようです。
ズボラー一家、ハードルをとことん下げてあげないとごみも捨てられないのか!!!(´;ω;`)

まとめ

リビングのゴミ箱(袋?)空中化、いかがでしたでしょうか?
時短的にはほんの数十秒かもしれませんが、掃く、拭く、捨てる道具を1か所にまとめたことにより移動距離が0となりました。
家族もうまく使ってくれるし、今回はなかなか満足な結果となりました。

おまけ

またまたブログタイトルを変更しました。
ようやく、自分が何をしたいか、何を伝えたいかが見えてきました。
基本ズボラで家事苦手な人間です。
いかに手抜きして暮らしを楽にするか、常に考えている自分にようやく気付きました。
今後はそんな内容を中心に、ブログを立て直していく予定です。