手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

痩せて見える服装に出会えたのに喜べない理由

普段より痩せて見える格好は?

まず、私は身長が153cm、体重は50kg近くあると思います。
この身長でこの体重はけっこうなぽっちゃりです。
そんな私でも痩せて見える格好があることを知りました(自分比で)。
昨日、自室の全身鏡をふと見てみたらそのときの格好だといつもより痩せて見えることに気づきました。
でもそれを素直には喜べませんでした・・・
なぜならそのときの格好は、ザ・部屋着!

ユニクロのヨレヨレTシャツに、短パン。
いくら細く見えるからと言って、この格好で外には出られません

ただ、これからの服選びのヒントは得られたかも。

痩せて見えるポイントを抑える

まず、首元・・・私は首が短めなので詰まったラウンドネックは全く似合いません
だからといって胸元が開きすぎているとだらしなくなってしまいます。
なので、これぐらいの適度な空きのある襟元がちょうど良いのだなということがわかりました。

また、肩。
肩が身長の割に広くて、張っています。
なので、方の位置ぴったりに切り替えがあるものより、少し切り替えが落ちた感じが合うようです。
切り替えのないドルマンスリーブなんかはよく着ていますが、Tシャツでもゆるっとした感じなら大丈夫そうです。
あと、ぶっとい二の腕をちょうど隠せる長さの袖。
体重の割に手首や足首は細めなのでそこを出すといいみたいです。

短パンも、太い太もも上部をうまく隠してちょうど細くなっている位置から見えている状態。

本当に昨日の部屋着(兼パジャマ)は私の体型をうまくカバーできる格好だったようです。

短パンはさすがに応用無理ですが、上半身は応用効きそうです。

骨格診断は受けたことないのですが、ストレートタイプに近いのかな?と思っています。
ただ、肩周りはストレートタイプに似合う服よりナチュラルタイプに似合う服のが合っている気がします。
自己診断なので間違っているかかもしれませんけどね。

やはりきちんと診断を受けてみたいですね。
そうすれば服選びで失敗することが格段に減ると思います。

別の診断ではこんな感じ

骨格診断ともカラー診断ともちがう診断は受けたことがあります。
詳しくは忘れてしまいましたが、顔立ちからみる診断だったかな?

私は

  • 小さい柄より大きい柄
  • 曖昧な色よりはっきりした色
  • ソフトな生地よりハリのある生地

こんな感じでした。
たしかに小花柄超絶似合いません!
あとアクセサリーも大きいものがいいと言われました。
でもこれ全部取り入れたら、すっごい派手な人になっちゃいますよね。笑
というわけで、この診断については小さい柄は避ける、柔らかい生地の服は選ばない、ぐらいしか活用できていません。

年齢とともに似合う服が減ってくる

まさに今実感しています。
毎日何着てもしっくりこなくて。
そしてようやく細見えする格好が見つかったと思ったら「部屋着」とは。
これからは部屋着の似合うおばちゃんとして人生を歩むしかないのかもしれません。