手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

洗濯干しをとことん手抜きしたい!だから靴下は吊るさない

靴下は吊るさないで干す

随分前に勝間和代さんの「勝間式 超ロジカル家事」に書いてあった方法を真似て、平干しネットに靴下を干すようになりました。

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

ネットは3coinsで購入した2段になっているタイプ、

1段のタイプなら100均でも見かけた気がします。
2段なので上の段にはデリケートな衣料などを広げて干しています。

メリット

  • 靴下が長持ち
  • 干すとき少し楽
  • 取り込むときすごく楽

ピンチハンガーに干すときはゴム側を挟むとゴムが伸びやすいし、つま先を挟めば穴があきやすくなります。
平干しネットに干せば靴下に負担がかかりづらいので、ピンチに挟むより長持ちすると思います。
干すとき少し楽というのは、丸まっていると乾きづらいため、結局形を整える必要があるためです。
そのかわり取り込むときの楽さはピンチハンガーに干したときに比べると100倍ぐらい楽です!

デメリット

  • 外に干せない
  • 場所を取る

風で飛んでしまう恐れがあるので、外干しは難しいです。
また、平面を使うのでピンチハンガーよりは場所をとります、

セーター干しネット SW-1

セーター干しネット SW-1

吊るす場所が確保できなければ、こういった床におけるタイプも良いかもしれません。
勝間さんは確かこういうタイプを使っていた気がします。

干すクリーン

洗濯干し部屋兼私の部屋の掃き出し窓の手前に干すクリーンを取り付けています。

川口技研 室内用物干し ホスクリーン SPC-W-2P ホワイト 2本1組

川口技研 室内用物干し ホスクリーン SPC-W-2P ホワイト 2本1組

これはつけて本当に良かったです。
ベランダに面しているので、外干ししたいときはここで一旦干してからピンチハンガーごと外に出します。
取り込むときもピンチハンガーごと取り込んで、ここに干しておけます。
帰宅後の忙しい時間に洗濯物を畳むのは難しいのですが、これのおかげでせっかく綺麗になった洗濯物を床置きしなくてすみます。
デメリットとしては畳むのが面倒でここから直接とってまた着るとかがありがちなこと。笑

エアコンの近くにも干すクリーン

リビングのエアコンの風が当たる場所にもつけています。
リビングの干すクリーンは1つだけで、輪っかの部分に直接ピンチハンガーを引っ掛けます。
そこに洗濯物を干すと加湿されるし乾きも早いです。
ただし、暖房を使うシーズン限定ですけどね。
こちらのデメリットはリビングに常に何か干してあるので、見栄えが良くないこと…

寝室にも

実は夫しか寝ていない寝室にも干すクリーンがあります。
そちらは夫専用にしています。
一応共働きなので、干すまではやるけどあとは自分でね、という感じで。
でも大抵は次の洗濯物を干すまでそのままなので、そのときには乾いた洗濯物をはずしてベッドに投げて置いておきます。
畳みません!
気持ちと時間に余裕があるときだけたまに畳みます。笑

脱衣所にもつけたかったけど…

洗濯機が脱衣所にもあるので、脱衣所にも干すクリーンをつけたかったと思っていました。
でもバスルームのパイプハンガーを使えば良いじゃなかということに気づきました。
今度からそうしようと思います。

とことん手抜きしたい

こんな感じでとことん手抜きできるところはする!って感じです。
できれば娘の部屋にも干すクリーンつけて夫方式にしたいところですが、娘の部屋は日当たりがあまり良くないためちょっと難しいです。
一番楽なのは外注でしょうけど、残念ながらそこまでの経済力は我が家にはありません。
タオル関係は洗濯乾燥機で最後までできるだけでもだいぶ楽なので、それでよしとします。

畳むのも全自動?

そういえば全自動洗濯たたみ機ってあったよな?と調べてみたら…

製造元が破綻…
結局発売までこぎつけなかったようです。
ランドロイドは200万円近くした記憶がありましたが、アメリカのメーカーが11万円で発売するかも、というニュースが…

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00010000-engadgetj-prod

これは知らなかった…
ランドロイドに比べたらサイズも小さくなってかなりリーズナブル…ですが、やはり洗濯機ほどの大きさもあって値段も安くはないですね。
なんでもたためるというわけでもなさそうですし。
一度くらい試してみたいなという気持ちはありますが、その機会は当分ないでしょうね。

でもいつか洗って乾かして畳むまでやってくれるロボットが開発されるかもしれません。
30年後?50年後?
その頃になったら洗濯物を自分で畳んでいたなんて昔は大変だったのね〜、なんて言われてるかもしれませんね。笑