手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

実はいらないものに気づく方法とは

いらないものに気づく方法とは?

それはズバリ「シリーズ捨て」です。
◯◯なものを10個捨てる!と決めたら家の中からその条件に合うもの10個を探しだして処分します。
ただし、探した時点で自分で捨てて良いと思ったものだけですよ。
大切なものは捨てないでくださいね。

条件を設けることによって、なんとなく取ってあったけど実はなくても良いんじゃない?ってものに気づけるはずです。

選ぶ数は5個でも3個でもお好みで良いと思います。
でも少し無理めな数のが思い切って捨てられるんじゃないかと思いますよ。

実際に今日このシリーズ捨てで、かなり思い切った捨て活が出来ました。

きっかけは「黒」いシリーズ

最初、帽子とシュシュとヘアクリップは処分決定していたのですが、並べてみたところ全部黒だったので、どうせだったら黒いもの10個集めたれ!ってなりました。
靴はメルカリ出そうと思ったけど、思ったまま半年以上経過。捨てます。
他もなんとなく取ってあったけど「黒」という基準を設けたら捨てる気になりました
右下のニーハイソックスはなんで買ったんだっけ?
ストッキングがわりに履くつもりだったのかな?
新品だから取ってあったけど、100均のものだし結局履いてないので処分します。

「入れる」シリーズ

ものを処分していくと、こういったものがあぶれてきます。
家の中にはカゴやら箱やら、まだまだ沢山ありますが今日は自室にあったものを。
手前の菓子箱みたいなのはただのゴミですが無理やりエントリー。
8個ぐらいまではスムーズに選べたのですが、残り2つはなんとか探し出しました。
プラスチック以外のものは、これまで処分とか考えたことなかったのですが、「入れる」という基準で選んだら実は気に入ってもおらず、使いづらいとなんとなく思いながら使っていた自分に気づきました
これくらい大物捨てるとかなりスッキリですね。
ただゴミの日はまだ先なので、一時的に納戸に避難ということになりますが。
ちなみに左側奥から2番めのカゴはワイヤーを使ってたため、分解したのですが、とてもしっかりした作りでバラすのがとても大変でした!
こういうのって手作りなんでしょうか?
おそらく高いものではなかったので外国製だとは思うのですが、安い賃金でこれを編んだのか…と思ったらちょっと心が痛く。
本当にしっかり編んであったんですよね。
まあ機械編みかも知れないけど、手作業の部分も確実にあると思います。
とても申し訳ない気分になったので、これからはやはり何か買うときには本当に大切にしたいモノだけ買うようにしようと思いました

ひさびさにミニマリストを目指してるっぽい記事が書けました。笑
引き続き頑張ります!