手抜きして楽しく暮らす

ミニマムもシンプルも手抜きをするための手段

小銭貯金はゆうちょが効率的♪

ゆうちょで小銭貯金とは?

節約系ブログをさまよっていたある日、小銭をゆうちょのATMに入金して小銭貯金する、という方法を知りました。

なんて画期的!

なぜかたまってしまった小銭・・・どのお宅にもあるのではないでしょうか?
ちょこちょこ使えばいいんでしょうけど、我が家では袋に溜めたままになっています。

ちなみにトップの写真はゆうちょに持っていくように100枚ずつにまとめたものです。
さっきまで、一つの袋に無造作に入っていました。

ゆうちょin小銭の本来のやり方は、買い物の途中で郵便局のATMに立ち寄り、買い物の際のお釣りなど、財布の中の小銭を全部、もしくは一部入金するという至って簡単な方法。
なぜゆうちょかというと、ゆうちょのATMは小銭を入金できるから!
銀行のATMは入金はできないみたいです。

ただ、私の場合、平日は仕事をしているため休日しか郵便局に行けません。
我が家の周辺は休日は市内本局のATMでしか小銭は入金できません。
さらに、自宅から郵便局本局までは徒歩30分以上。
でもここでバス使っては意味がない。

ということで、先週の土曜日にウオーキングを兼ねて郵便局まで行ってきました。

ATMでの小銭の扱いは注意が必要

行ってみてわかったのですが、小銭入金は1回100枚まで。
これはATMごとに違うようで、別の郵便局のATMでは1回20枚までという制限がありました。
土曜日はいくら持って行ったかわからなかったので、2回に分けて入金しました。

結構持って行ったつもりでしたが、さすが小銭、300円ちょっとでした。笑
でもコーヒー代くらいにはなります。
といってもそこで使ってしまっては意味ないのでそのまま退散。
まあ1回目はちょっとしたお試し感覚です。

ゆうちょで小銭貯金をするメリットは

  • 通帳に記録が残るのでいくらたまったかわかりやすい
  • 下ろすときはまとめて下せるので、両替の手間がない
  • お財布が軽くなる(ふらっと郵便局ATMによれる人)

ただし、人がたくさん並んでいるときなんかはかなり迷惑になるので、すいているとき限定のワザですね。

お子さんへのプレゼントに

自分の口座ではなく、お子さんのゆうちょ口座に入金して、将来プレゼントするのはいかがでしょうか?
私は今回自分のに入れてしまいましたが、それも素敵だなと思いました。
お子さんが小さい時に始めれば、大きくなるころにはかなりたまるのではないでしょうか?ちりも積もればです。
我が家はもう大きいので、そんなには貯められないかな・・・
ある程度たまったら、一緒においしいものを食べに行くぐらいしかできないかもしれません。

まとめ

ゆうちょで小銭貯金は、家で使われずに無駄になってしまっている小銭を生き返らせるチャンスです!
皆さんもぜひ試してみてください。